ずぼらな私が母になりました

ずぼらがゆる~く書き続けるブログ

私の出産レポ

私は昨年娘を出産しました。

初の出産…どんなものか想像できなくてインスタやら何やらをみてお産レポを見あさっていました。

 

ほんの数か月前だけど、はるか昔のようなことにも思えます。

私のように「初めての出産怖い!」「どんな流れ?」「どういう感じなんだろう…」と思ってインスタやらブログやら読みあさっている方もいるかもしれません。

そんな方の参考?になれれば良いかなと思っています。

余計恐怖をあおるような表現もあると思うのでここから先は、見るか見ないかお任せします。

 

 

出産した病院

なにか会ったときにすぐに処置ができるように総合病院でのお産を選択しました。

私が利用した病院は2020年の4月時点から立ち合い出産はNG,面会もなしの病院です。

このコロナ禍で出産の方の何か参考になればと思います。



 

予定日当日

 この日まで特に大きな問題もなく過ごせることができました。すごくおなかが張るわけでもなく、前駆陣痛らしきものも感じず…。

予定日当日の早朝、なんとなくパンツが濡れている?という感覚で目が覚める。

あとは生理痛のような痛み…。トイレに行ってみるとおりものシートに血のようなものが。色は薄ピンク…。おしるしだと思うけど、なんかすごいパンツが濡れているので病院に電話。

念のため入院準備をもって来てほしいとのこと。内診してみたら破水はなし。

子宮口は1㎝。この日は家に帰りました。ちょっとほっとした。

私も予定日から1週間生まれてきたので、私の子もそんな感じだろうと思っていたので。

内診後、痛みが重くなってきたので家について横になって過ごしてました。

 

 

 

予定日超過1日

 なんとなく痛みで寝にくいかんじでした。生理痛のちょっと重いときみたいな痛み

なんとなくもう少しで生まれるのかな?と思いましたがあまり気にも留めませんでした。

それよりも眠くて寝たいという感じ…。

痛みは続きましたが、お昼には普通にラーメンを食べに行ってました(妊婦としてどうなの?と思われますが…)。

夕飯ごろには結構おなかが痛くなってきました。同時に腰も重たく…。夕飯はスイカ少ししか食べれなかったです。お風呂に入ると痛みは少し軽減されました。

さすがに痛みが続きすぎると思い、陣痛測定アプリで測りましたが時間が一定ではないので、陣痛じゃないと思い込んでいました。(7分、13分、16分、5分みたいな…)

21時ころにはちょっと声に出して「あ~痛いな…」というつぶやきが増えてきました。そこから夜はほとんど寝れず…。

 

 

 

予定日超過2日目

午前2時頃になると痛みがさらに強くなりました。もう本当に寝れない。少し動いていないとつらかったです。

午前4時ころ陣痛の感覚はバラバラでしたが、痛みが強く我慢できない状態だったので病院に電話をしました。すぐに来てということで荷物をもって病院へ。

午前5時前に病院に到着しました。守衛室の前に車いすがスタンバイしてあり、車いすで移動。助産師さんに診てもらい、子宮口3㎝ということで入院。

コロナの影響もあり付き添い・立ち合い出産はNGでした。(総合病院です)

 

 実父が病院まで運転してくれたのですが、産科病棟近くの交流サロンでバイバイ👋

 ここからは一人の戦い。

 

子宮口3㎝~

内診が終わりすぐにLDRに案内されました。荷物も部屋に入り、すぐに着替えます。このとき必要な荷物を助産師さんが出してくれたのでありがたかったです。よくインスタにある「入院バッグ」と「陣痛バッグ」にわけるやつやっておいて良かったなと思いました。すぐにものを取り出してくれます。

 

陣痛の合間に睡眠を取り…8時前頃に朝ごはんが到着。痛すぎて半分しか食べれなかったです。もはやここら辺は記憶があいまいなところもあります。

 

私が痛いと感じたところはお腹よりも腰が痛かったですね…。生理痛がすごくすごく重くなった腰の痛み…。

 

 


お産を促すために

どの段階なのかは忘れました。

とりあえずお産が進むように廊下を歩こう!と提案され廊下を(体感時間)かなり往復しました。

痛くて痛くて全然3歩歩いては止まり…みたいなかんじでしたが。

 

そのかいあってか子宮口がぐっと開き、ますます痛みが強くなりました…。

 

トイレに行った方が良いね!っていわれたときは

「え?何も出る気配ないし、なんか赤ちゃん出てきたら怖い…」と思いましたね。

 

いざ、用を足そうとするも…出てるかどうかわからない!

血が出ているのはわかる、、、おしっこってどうするんだっけ…という状況でした。

なんとか出来ましたが…。

 

分娩台に移動しひたすら痛みに耐えます。

気づいたら周りがあわただしくなってきました。



いろいろされてるけど「もう好きにして~」という感じ。

おしっこの管を入れられたときも結構痛かったですね。

私的には。。。

思わず「いたいいいいい」というくらい。



 

いよいよ…

痛みもますます強くなり、、、お腹が痛いというよりは腰が痛い。あとは「ウ〇チがしたい」感覚でした。

最大級のウ〇チを我慢している感じ…。もれそうもれそう…でも漏らしちゃいけない…。

あんなの体験したら普通のウ〇チ我慢するのは大丈夫そうって思っちゃいます。

※直腸が圧迫されているからウ〇チしたい感じなんだよ~と助産師さんに教えてもらいました。

 

そして、痛みによる吐き気…。痛くて吐きそうになるという感覚は初めてで、正直びっくりしました。

なんとか吐くことはなかったんですが…。

「出産時に吐いた」という出産レポをみましたが、その時は「そんなことある?」くらいでした。

 

そんなことありましたね。吐くことはなかったですが、吐きそうになりました。寒気もしました。

今思い出しても恐ろしい…。

 

いきんでいいよ~といわれたときには「やっとおわる!やった!」と思いました。

 

赤ちゃんの頭が骨盤にハマっていたときは最大級に痛かったです

え?????こんな痛みある?????

 

というくらいに…でもそれもいきみ続けてなんとか脱出してくれました…。

そして午前11時59分。無事に出産。



病院到着後、約7時間ほどで出産できました。



生まれてきた感想と出産後の処置

生まれたときの感想は

「え???うそ、本当に人が入ってたのか!」です。笑

 

あとは「カエルみたい…でもかわいい…」



その後は胎盤を出したり、切れたところを縫ったり。

 

胎盤がなかなか出てこなくて、処置がすんごく痛かったです。

生み終わっても痛いのかよ~~~~!

胎盤ちょっと残ってるけど、子宮収縮剤飲めば出てくると思う」ということで胎盤をちょっと残して処置終了。



その日のうちに母子同室の予定でしたが

分娩後私は39度の熱を出します。熱すら出ていることに気づいていませんでしたが…

食欲も普通にありましたが熱がありました。

 

「同室にする?」と言われましたが、疲れもあったので

「明日からにします」と言いました。

 

休めるときに休んだほうが良いと思います。

 

出産直後は本当に「ハイ」になっていて、家族、職場、友人に連絡しまくりました。

そしていつの間にか寝落ち…



出産は終わったけど…

余談かもしれませんが…出産後もかなり痛かったです。

トイレの仕方を忘れました…おまたが切れているとトイレの時しみます…。

これが地味に続くので…結構つらかったです、

 

あとは出産直後のお腹は産前のようにぺったんこになりません…

ぽよんとしていてショックを受けました…。



 

ちょっと失敗談

よくインスタでも出てくる「ストロー付きキャップ」

水分補給に必須!これがあって助かった!という投稿があったので私も事前に近所のドラッグストアで購入していました。

持って行った飲み物は「いろはす」「お茶」「ソルティライチ」です。「いろはす」は陣痛バッグに入れていたのでそれにキャップをつけて飲もうと思ったのですが…。なんとはまらず…。結局入院中はストロー付きキャップを使うことがありませんでした。入院する前に一度実際つけて確認するといいかもしれません。

 わたしは買わなくても良かったな~と思っています。

しかし、あったら便利という声多いです!

 

最後に

私の出産はこんな感じです。

何の参考にならないかもしれないですが…。むしろ恐怖をあおったかもしれない…。

この世の中なので病院によっては立ち合い&面会NGというところもあると思います。

ですが、病院に行けば助産師さんが一生懸命お産を手伝ってくれますし、すごく励ましてくれます。本当に助けられました。感謝の気持ちしかないです。 

 

これから出産する方は自分と赤ちゃんを信じて臨んでみてください。応援しています。